Showing 1 to 10 of (46 Pages)

ブライダルインナーでさらに美しくなる

  • 2017-08-20

ウェディングドレスが似合う体型といえば「ボン・キュッ・ボン」のメリハリです。 補正力のあるブライダルインナーは、美しいドレスラインを作るのに欠かせないアイテム。 ドレス選びに気持ちがたかぶり、意外に忘れがちなブライダルインナーですが 正しく選ぶことで理想のスタイル、そして姿勢をキープしてくれる効果があります。 気になる部分をカバーする基本のインナーは3種類、ブラジャー・ウエストニッパー・ガードルです。 今は、インターネットで気軽に購入する方法もありますが、理想はちゃんと試着してから選ぶほうがいいですね。 自分で測るサイズとショップでしっかり採寸しても.....

もっと見る

ドレスの生地別特徴と魅力とは

  • 2017-08-19

一概に「ドレス」と言っても、お仕立てに使われる生地は様々あり、 生地によってその表情もガラッと変わります。 同じようなデザイン・シルエットでも、全く違うイメージを見せてくれるのです。 ドレスを選ぶ時にとても重要になってくるので、しっかり特徴を掴んでおきましょう! ① チュール チュールとは、細かな網目のあるメッシュ素材のことを言います。 挙式の時に身につけるベールにもチュールが使われています。 その中にも質感の異なるものがあり、見た目も触り心地も柔らかいソフトチュール・ハリのあるハードチュールの二種類があります。 チュールドレスの特徴は、.....

もっと見る

姿勢から美しい花嫁になるために

  • 2017-08-18

ドレスにアクセサリー、ネイルにメイク 当日は、誰よりも輝き美しく素敵な花嫁になる為に準備を整えますよね。 加えて、花嫁をより美しく魅せる為に必要な事柄があります。 「姿勢」「立ち居振る舞い」これが実はとても大切なキーポイントとなるのです。 背筋が丸まっているか・スッキリ伸びているかだけ、たったこれだけでもドレスの美しさも写真の映え方も全く違ってきます。 立ち姿・座り姿の美しさは、そのまま花嫁さんの美しさと言っても過言ではありません。 まずは、肩甲骨を近づけるように胸を大きく開いて、両肩を壁につけてみましょう。 その際、背中に手のひらが一枚入るく.....

もっと見る

パリウエディングフォトの撮影地はエッフェル塔を選ぶ?!それとも選ばない?!

  • 2017-08-13

パリウエディングフォトを予約すると、衣裳や撮影地、ヘアメイクなど決める事がたくさんあります。 その中でも撮影地が悩みどころなのですが、パリといえばエッフェル塔、凱旋門あたりが代表格です。 KUROYASHOPのパリフォトツアーは10か所から2~3か所選んで周遊しながら撮影します。 撮影地10か所(エッフェル塔・凱旋門・ノートルダム大聖堂前・ノートルダム大聖堂後・コンコルド広場・ヴァンドーム広場・サクレクール・ポンヌフ・オペラ座・ビルアケム橋)は有名な観光スポットでもあります。 それぞれに歴史があるので、撮影地に選ぶなら一度歴史をインターネットで調べてみましょう!.....

もっと見る

ドレスのシルエットに合わせるブーケ選び

  • 2017-08-11

花嫁をより華やかに美しく魅せてくれるウエディングブーケ。 お気に入りのドレスに合わせて、とびきり素敵にしたいものです。 お花の種類・色・形ブーケ選びも意外に悩みどころではないでしょうか。 花嫁さまの好みや会場のコンセプトも勿論大切ですが、 実はドレスのシルエットによっても似合うブーケは様々です。 選びやすく、王道なシルエットと言えば「Aライン」 コンパクトなトップから裾に向かって直線的に広がるシルエットは夢に描くウェディングドレスそのものですよね。 清楚で初々しイメージを持つAラインには、ピンクや白の可憐なラウンドブーケが素敵です。 王道.....

もっと見る

シンプルなウエディングドレスが人気な理由

  • 2017-08-07

近年、シンプルなウエディングドレスが人気です。結婚式場もナチュラルテイストになり、衣裳もシンプルでナチュラルなデザインが好まれるようになりました。 一世代前は、豪華で煌びやかなウエディングドレスが好まれたのですが、近年「自分らしい」デザインが流行しているのは、近年では自分という素材を大切にするという思考が生んだのかもしれません。 シンプルなウエディングドレスが魅力的なのは、自分という素材を活かせるだけではなく、小物でアレンジして挙式ではクラシカルにしてみたり、披露宴では可愛くアレンジしてみたり、2次会や前撮りでまた違ったアレンジで色んな写真が残せるのが、この時代にあっている.....

もっと見る

クラシカルなロングトレーンドレス

  • 2017-08-06

ドレスでの挙式を予定されている花嫁さまから、多くリクエストを頂く事と言えば、 「バックスタイル」についてです。 特に、トレーンが長いデザインを希望される方が多く見受けられます。 これは、流行り廃りなく昔から変わらないドレス選びのポイントの一つです。 トレーンには意味合いがある事をご存じでしたでしょうか。 元来トレーンの長さは、身分の高さやドレスの格とイコールと考えられていました。 高貴な証として、ロイヤルウエディングの象徴とされていたのです。 ロイヤルウエディングと言えば、かのダイアナ妃のロングトレーンも、 当時世界中の注目の的でした。 .....

もっと見る

ドレスに映えるショートグローブの魅力

  • 2017-08-05

クラシカルな印象を与える「ウエディンググローブ」 花嫁のグローブには、露出を控える・無垢を表すという意味が込められており、 花嫁を守り、清めてくれる神聖なアイテムです。 グローブはウエディングベールと同じ意味を成す大切な小物なのです。 挙式中に指輪の交換の儀式がありますが、この時必ずグローブを外しますよね。 これは、ただ指輪をつける為の行為だけでなく、 「これからあなたのものになります」という、新郎への誓いの証でもあります。 まさに花嫁さまにとってマストアイテム。 グローブの丈には種類があり、会場の雰囲気やドレスのデザインによって似合うグ.....

もっと見る

王道アイテム「ティアラ」を個性的に魅せる方法

  • 2017-08-02

花嫁さまの為のヘッドドレス「ウェディングティアラ」 純白のウェディングドレスには、キラキラ輝くティアラを合わせたい!と、 小さいころから憧れてきた花嫁さんも多いのではないでしょうか。 ティアラを着けるとしたら皆様何処に着けますか? 何一つ疑問を抱くことなく、頭のトップに着ける花嫁さま圧倒的に大多数だと思います。 結婚式の王道とも言えるスタイルですよね。 そんなティアラをアレンジした着け方が、お洒落に敏感なプレ花嫁さまの間で、 ここ最近注目を集めています。 ティアラの曲線を上手く活用して、頭の輪郭に合わせる事でヘッドコサージュ風に着ける事も.....

もっと見る

好きだけではダメ。ロケーションを意識して選ぶウェディングドレス

  • 2017-07-30

ウェディングドレスを選ぶ時に、考える事はなんですか?「好きなデザインのウエディングドレスがあるかな?」「好きなウエディングドレスが空いているかな?」とか、「好きなデザインを着て見たい」「とりあえず色んな物を着たい」でしょうか。 とりあえず色んなものを着て見るのも必要ですが、目的を持って試着しないと、ただ試着して写真とって迷宮入り決定です。 まずは、ロケーションを考えてみましょう。 料亭で披露宴をやるのと、ハワイでウエディングフォトをするでは、衣裳に求めるものが違います。例えば、神前式をした後、料亭でお食事をするのであれば、巨大なボリュームのふわふわしたウエディングドレ.....

もっと見る

Showing 1 to 10 of (46 Pages)