ウエディングドレスとブーケの相性

ウエディングドレスとブーケの相性

ウエディングドレスにも色んな種類がありますが、ブーケにも形が色々あってそれぞれ名前があります。

写真の様な丸い形の物を「ラウンド」と呼び、一般的な「オーバル」涙の形に似ているので「ティアドロップ」とも呼ばれます。王道な「キャスケード」や三日月型の「クレッセント、束ねただけの「クラッチ」はよく百合の花で見ます。

ドレスのタイプに合せて形や色、花の種類をお花屋さんと相談していただきます。

最近、流行っているナチュラルでシンプルなドレスに、かすみ草だけを束ねたナチュラルなブーケを合せるのは鉄板ですね。

ゴージャスでグラマラスな攻め感のあるドレスには、ナチュラル過ぎるのも、可愛すぎるのも合いません。百合の花を束ねたクラッチで攻め感を加えた方がよりゴージャスに見えます。逆に甘い可愛らしいドレスに百合の花を束ねたクラッチで攻めるよりも、ラウンドやオーバルの様に可愛らしさがあるブーケの形のが相性は良いです。

ウェディングドレスが決まったら是非、ブーケも気を抜かずにしっかりイメージを作ってご相談ください。