フェイスアップベールを選ぶときに気を付けるべきポイント

  • 2017-12-11

フェイスアップベールを選ぶときに気を付けるべきポイント

ベールには大きく分けてフェイスアップベールとマリアベールの二種類のベールがあります。この2つのベールの大きな違いは、簡単に言うと顔の前に垂らす部分のベール(フェイスアップ部分)があるかないかの違いです。

挙式ではベールの演出として挙式の入場前に母親にベールを下ろしてもらうベールダウン、誓いのキスの前に新郎にベールを上げてもらうベールアップをしてもらいたい新婦様も多いため、フェイスアップベールを選ばれる方が圧倒的に多いです。

では、ベールを選ぶときはどんなところに気を付けて選べばいいのでしょうか?

フェイスアップベールにはショート、ミドル、ロングとベールの長さに種類があり、ウェディングドレスとの相性を考えながら、横からの姿や後姿を重視して選ばれる方も多いと思いますが、是非選ぶときに気を付けていただきたいポイントがあります。それは顔の前にかかってくる部分、フェイスアップ部分のベールの長さです。

ベールは人によって付ける位置も様々です。当日の髪型や雰囲気、バランスによって、頭のトップの高い位置に付ける方もいれば、少し低めの位置に付ける方もいます。その付ける位置によって後ろのベールの長さはもちろん、フェイスアップ部分のベールの長さも変わってくるのです。少し低めの位置にベールをつければ必然とフェイスアップ部分のベールは短くなってきますよね。せっかくバランスを見ながら決めたベールの付け位置なのに、フェイスアップ部分が思っていたより短くなってしまいイメージと違ったなんてことになってしまったらせっかくの衣裳が台無しです。フェイスアップベールを選ぶときは、必ず前に下ろす部分の長さも確認しながら選びましょう。

当店ではベールもお仕立て品ですので、フェイスアップ部分の長さをご調整いただくことももちろん可能です。見本のベールを付けてみて気になる場合は是非ご相談下さい。

そして当日の入場の際にもう一つ気を付けていただきたいポイント、それは口紅やグロスがベールに付くことです。一度付いてしまうと手が塞がっているので、入場している間は取るわけにもいかずとても困ります。そうならない為に、入場の際にはブーケで顔とベールの間に空間を作りながら歩きましょう。そうすることで口紅やグロスがベールに付くことを防げます。

是非これらのポイントを押さえて素敵な挙式をお迎え下さいね。