リゾ婚におすすめしたいウエディングドレス

  • 2017-11-19

リゾ婚におすすめしたいウエディングドレス

リゾ婚という言葉が定着し、毎年多くのカップルがリゾートで結婚式を挙げています。ところでリゾートではどんなウエディングドレスが人気だと思いますか?「軽やかな」「爽やかな」ドレスでしょうか?それとも「シワにならなさそう」とか「持ち運びしやすそう」なドレスでしょうか?

今挙げたタイプは、よく耳にする希望です。最も聞くのは、「砂がつかないトレーンがないものがいい」という意見です。本当にそれがリゾートで映えるのかどうかが重要です。

まず、リゾートでの結婚式には列席者がいない場合が多く、いても家族のみというパターンがほとんどです。帰国後のパーティや披露宴がある方も多く、リゾートでの結婚式の写真を披露する場があります。その場合、写真映えに重きおいて衣裳を選ばれるのが賢明です。では、写真映えするウエディングドレスってどんなものか、紹介しましょう。

まずは、ロケーションをイメージしてください。

どんなアングルで写真を撮られるでしょうか。もちろん、ビーチ撮影であれば海が写る様に取りますから、遠目で写真を撮ります。そこにトレーンがあるとないとでは、全然イメージが変わります。少しでもトレーンがある方がウエディング感があります。

また、レースやスパンコールなどの素材は、遠目では存在感がほとんどありません。それに比べ、シルエットにデザインがあるウエディングドレスは背景の青空や海、グリーンの前ではしっかりシルエットのデザインが出て、華やかに写ります。

シワになりやすいと懸念されるサテンのウエディングドレスは、重く暑苦しいとリゾートでは敬遠されますが、しっかりとしたサテン一枚でシンプルなウエディングドレスのシルエットはしっかりした線で、シンプルの中にも気品を感じる印象を与えます。

砂が付かないウエディングドレスなんてありません。どれもつきますし、ビーチの砂は払えば取れます。持ち運びの便利さや、撮影の数時間の便利さを優先し、一生残る写真の美しさを軽視してしまうのはとてももったいないのです。