年齢に合ったドレス選びをする!30代40代のウエディングドレス選び

年齢に合ったドレス選びをする!30代40代のウエディングドレス選び

近年晩婚化と言われていますが、もちろん若いカップルも多く、ウエディングドレスのタイプも多様です。年齢もキャラクターも全然違う方が同じサロンで同じウェディングドレスを見ていると考えてみてください。ハンガーに掛かっている状態でどんな着用姿になるのかなんてプロでもない限り分かりません。色んな方が着るドレスの中から闇雲に選んで限られた時間内に試着しているという事です。

経験豊富なスタッフがサポートにつくと、ご新婦様のお好みや要望などを即座に汲みとってもらえ、サロンの衣裳を熟知しているので、最適なウエディングドレスを紹介してもらえます。

しかし、好みのものが必ずしも似合うとは限りません。30代後半にもなると、会社的ステータスも20代の頃と違います。憧れだったフワフワのドレスはキャラクターに合わなくなっています。化粧ではカバーできない「たるみ」や腰の贅肉と垂れたヒップは、どうしようもないものです。

ウエディングドレスは、殆どがビスチェタイプです。若い時は脇肉があってもパンと張っているのでビスチェラインに脇肉が乗っていたとしてもぷりぷりして若々しく可愛いのですが、30代後半になると、ビスチェライン(胸元・背中ライン)にのるお肉が弛んでいるので年齢を感じさせます。袖付きやボレロなどを選ぶか、着付け位置を高めにし、乗ってしまうお肉を少なくしましょう。

それでは、腰の贅肉と垂れたヒップはどう対策すればいいのでしょうか。

30代40代になると、落ち着いたスレンダーラインや、マーメイドラインを好む方が多くいらっしゃいます。もちろん、もういい大人ですから、フワフワして可愛いものよりは、しっとりとした落ち着いたデザインを好むのは当然です。

ウエディングドレスは、タイトになればなるほど、体型を露わにします。マーメイドドレスであれば膝あたりまでボディラインを出す事になります。美しいボディラインであれば、映えるマーメイドですが、ぽっこりお腹に、垂れたヒップが露わになってしまうのもマーメイドドレスです。またスレンダードレスも同じ事が言えます。

腰周りや下腹をカバーできるのは、Aラインプリンセスラインです。身体で一番細いウエスト部分をだし、腰やヒップという年齢を感じさせる部分をカバーします。プリンセスラインには抵抗がある方でもAラインでしたら、大きさも様々ありますし、デザインをシンプルなものにすれば、落ち着いた洗練されたデザインのウエディングドレスも多くあります。

ウエディングドレスは年齢に応じて、注意するポイントを変えて見ましょう。雑誌やネットに掲載している「こんな体型の人にはコレ」という情報よりもご本人様のキャラクターや年齢が重要なのです。