意外と迷う!新郎の靴は何色が正解?

意外と迷う!新郎の靴は何色が正解?

ウェディングドレスに合わせる靴を選ぶとき、デザインは迷っても色を迷う方は少ないのではないでしょうか?ほとんどの方が白を選ぶはずです。

では新郎の衣裳に合わせる靴はどうでしょう。白?茶色?黒?どんな色を合わせても大丈夫な感じがしますよね。もし購入を考えているのであれば、結婚式が終わった後も使えるような色で選びたい方も多いはずです。そこで疑問なのがどんな靴でも大丈夫なのかどうかということ。新郎の靴に決まりはあるのでしょうか?

一般的には白い衣裳には白い靴を、黒い衣裳には黒い靴を合わせます。そしてグレーやシルバーの衣裳の場合は白か黒、シャンパンゴールドの衣裳には白、茶色の衣裳には黒を合わされる方が非常に多いです。つまり明るい色の衣裳には白い靴、暗い色の衣裳には黒い靴を合わせる方が、統一感が出て綺麗にまとまるということです。

もちろん全身同じ色で統一されすぎてしまうと恥ずかしいと思われる方がいるのも事実です。そんな時は、明るい色の衣裳であればベストやタイの色を少し濃い色にして靴を黒にしてみて下さい。落ち着いた雰囲気がプラスされ、縦ラインが強調されることによってスタイルアップ効果が出ます。また靴の色を茶色にすると黒より少し柔らかい印象になります。逆に暗い色の衣裳なのであればベスト、タイの色を明るい色にして靴を白にしてみると、重たい雰囲気の衣裳に抜け感を出すことができます。

ここで注意したいのがただ靴の色だけ違う色に変えてしまうと靴だけが浮いてしまうということです。違う色の靴を選ぶときは衣裳のどこか一部分も同系色に変えてまとまりを出しましょう。

そして最後に忘れてはいけないのが靴下の色です。あまり見えないように思えて、実は歩いたり座ったりする時に見える部分です。差し色で綺麗な色を合わせるのも素敵ですが、靴と同じ色の靴下を選んで、スタイリッシュにまとめて下さいね。