Showing 41 to 50 of (55 Pages)

ご新婦様の笑顔と嬉しい再会

結婚式の準備も結婚式の一部だと思ってお衣裳合わせに携わっています。結婚式と同じ様に幸せなひと時と感じていただける様、素敵な思い出となります様、心がけています。 ウエディングドレスを選ぶのに、とても悩まれ苦しいお顔をしておられるご新婦様がいらっしゃいますが、ウエディングドレスを選ぶのは人生に一度。「ウエディングドレス」を選ぶ時間です。もっと楽しく幸せそうにしていただきたく、悩まない様、要点を絞り分かりやすい様にご案内し、明確なイメージを作っていただき、希望のイメージのウエディングドレスに導けるよう日々努めさせていただいております。 当店はオーダーメイドウェディングドレスという.....

もっと見る

新郎の衣裳 ネクタイはどう選ぶか

新郎の衣裳にはフロックコートやタキシード、燕尾服などの形があり、色やデザインも含めて検討すると選択肢はとても幅広くあります。 挙式や披露宴で衣装を着るのはもちろんですが、新婦のお色直しに合わせて、新郎も衣裳のベストやネクタイ、チーフの色や生地を変え、二人の衣裳に統一感を持たせた衣裳にお色直しされる方が多くいらっしゃいます。そして、お色直しの時に衣裳のネクタイの形を変えたいとご要望をいただくことも多くあります。 通常、フロックコートにはアスコットタイ(普段見慣れたネクタイよりも幅の広いタイプのネクタイ)を合わせ、タキシードや燕尾服には蝶ネクタイ(ボウタイ)を合わせるのが正式な.....

もっと見る

プロポーズされたら、ウエディングドレスを探すまでにしておきたい事

プロポーズをされて、いよいよ結婚するとなると、まず考える事は「結婚式」をどうするのか。 結婚式と一言で言っても、海外で結婚式をするのか、それとも地元で結婚披露宴をするのか、現代の結婚式のスタイルは様々で、簡単に決めるのは難しいです。 そんなこんな四苦八苦していても女性なら、ウエディングドレスを着るのは嬉しいし、夢だったという方も多いはずです。ウエディングドレスを早く選びたいですよね。ところが、結婚が決まったからと、すぐにウエディングドレスを探し始めるのは、お勧めできません。 なぜなら、ウエディングドレスは、ロケーションやシチュエーションに影響されるからです。常夏ハワイ.....

もっと見る

ママになってからのウェディングドレス

当店には、授かり婚でBABYが生まれてからお挙式を挙げる方もいらっしゃいます。 お座りがようやくできるようになったくらいの可愛い赤ちゃんのママだったり、元気いっぱいの幼稚園児のママ、そして小学校の高学年のお子様という方もいらっしゃいました。 挙式を挙げる、ウェディングドレスを着る、そのタイミングが今になった理由は様々でしょうが、ママになってから余計に「ウェディングドレスを着ておきたい」という気持ちが強くなったようです。 マタニティのうちに着るウェディングドレスも、赤ちゃんが生れてから着るウェディングドレスも、お子さんが少し大きくなってから着るウェディングドレスも、どの.....

もっと見る

ウェディングドレスのクリーニングはお早めに

ウェディングドレス着用後、とくに汚れていないし綺麗だから。とそのままにしておいてはいけません。 結婚式や二次会で強いスポットライトを浴び緊張で気を張って主役を務めたあなたは、滴り落ちるほどの汗はかいていないとしても、じんわりと汗をかいてウェディングドレスに皮脂汚れが付いているものです。 着用後すぐには見られなかったビスチェラインの汗ジミ・脇汗・食べこぼし・裾汚れ等のシミ汚れは、時間の経過とともに変色し浮き出てきます。 その時に慌ててクリーニングに出して、いくらか薄くなったとしても完全に取り除くことができず手遅れとなってしまうかもしれません。 また、ガーデンや外で.....

もっと見る

リゾ婚におすすめしたいウエディングドレス

リゾ婚という言葉が定着し、毎年多くのカップルがリゾートで結婚式を挙げています。ところでリゾートではどんなウエディングドレスが人気だと思いますか?「軽やかな」「爽やかな」ドレスでしょうか?それとも「シワにならなさそう」とか「持ち運びしやすそう」なドレスでしょうか? 今挙げたタイプは、よく耳にする希望です。最も聞くのは、「砂がつかないトレーンがないものがいい」という意見です。本当にそれがリゾートで映えるのかどうかが重要です。 まず、リゾートでの結婚式には列席者がいない場合が多く、いても家族のみというパターンがほとんどです。帰国後のパーティや披露宴がある方も多く、リゾートでの結婚.....

もっと見る

ドレスやタキシードは自分で持ち運べる?

リゾート地や海外などで結婚式をする場合、当日の衣裳は買うかレンタル、どちらにするか検討することになります。 レンタルのものだと現地で用意してもらえるのでとても楽ですが、プランによってはレンタル衣裳がついていなかったり、プランについていても選べるものの種類が少ない、予約が埋まっているなどの理由で好みのものを選べなかったりすることがあります。 その点、衣装を購入する場合、レンタルよりも比較的安い値段で自分の好きなデザインの衣裳が着られ、さらにサイズも合ったものが用意できます。一生に一度の大切な日だからこそ、お気に入りの衣裳で当日を迎えたいですし写真に残しておきたいですよね。 .....

もっと見る

タキシードの雰囲気が要

どんなウエディングドレスでも、色は全身「白」なのに対し、タキシードは色が選べます。 ウエディングドレスをプリンセスにしてもAラインにしてもマーメイドにしても白なので、隣に立つタキシードの色や雰囲気で、見る人に与える印象がとても変わります。 オフホワイトのウエディングドレスの隣に、同色のタキシードが並ぶと、とても明るく爽やかな雰囲気になります。壁や床が白かったら、どうでしょうか。全体が白で統一されるのに比べ、オフホワイトのウエディングドレスの隣にダークな色を使ったタキシードが並ぶと、フォーマルで洗練された雰囲気になります。 白白では、軽やかに若々しく見える雰囲気が、黒白.....

もっと見る

フランス旅行オプショナルツアーでウエディングフォト

結婚式の後に、旅行に行くのは新婚旅行。結婚前に行くのは婚前旅行。この婚前旅行を「結婚前撮り旅行」にしてしまうのがおすすめです。 結婚式で披露するムービーやアルバム、ウエルカムボードは、ゆくゆく作らなければいけません。その為に、写真は用意しなければいけないですし、それに衣裳やカメラマンなどわざわざ用意するのも難しいです。よって簡単な写真になってしまったり、似顔絵などありきたりに納まってしまいます。 旅行ついでにオプショナルツアーを利用し、パリでウエディングフォト(前撮り)をしてしまえば、日本で前撮りをする必要もなくなり、結婚式の準備に必要なものも揃います。結婚式で必要になるム.....

もっと見る

新郎の衣裳はどうしますか?

結婚式の衣裳を選ぶ時間と盛り上がりは、新婦のウェディングドレスに奪われがちですが、新郎だって人生最大の晴れ舞台に素敵でカッコいい衣裳を着たいはずです。 新婦のドレス選びが落ち着いたなら、新郎の衣裳選びを始めましょう! 新郎の衣裳といえば、定番はやはりタキシードです。 誰にでも着こなしやすく、フォーマルからカジュアルまでとバリエーションが豊富にあり また昼夜もとわない為、日本では定番の衣裳となっています。 KUROYASHOPでは、ウェディングドレスだけではなくタキシードもオーダーでお作りしています。 サンプルデザインからお好みのものをお選び頂き、新郎.....

もっと見る

Showing 41 to 50 of (55 Pages)