代表的な和装ウェディングスタイル

ウェディングドレスと並び、結婚式の伝統的な衣装として人気があるのは和装です。和装タイプは神前式や仏前式に用いられる衣装で、結婚式では和装、披露宴でドレスと二種類を使用する人も多くいます。ウェディングドレスに様々な種類があるように、和装にもいくつかの種類があります。「白無垢」「黒引き振袖」「色内掛け」「新和装」などです。会場の雰囲気に合わせて選択をしましょう。

「白無垢」とは、白い掛下に白い打掛を羽織、小物から下着まですべてを白で統一するものです。「婚家の色に染まる」という意味からそのようになっています。神前式では綿帽子か角隠しで頭を隠し、披露宴では外します。

「黒引き振袖」は、もともとは武家の婚礼衣装として着用されていた黒地の振袖です。近年少しずつ人気が出てきました。昭和初期までは一般的な婚礼衣装として使われていた歴史もあります。こちらも白無垢と同じく挙式中は角隠しをつけ、披露宴で外します。

「色内掛」とは白以外の打掛で、赤や緑、黒などの地に鶴亀、末広、鳳凰などが金銀糸で刺繍されています。鮮やかで豪華なところが特徴です。こちらも挙式で角隠しをつけ、披露宴ではずします。「新和装」とは披露宴やお色直し後に着られる事が多い鮮やかな色打掛に重ね着をするものです。かつらを着用せず、ドレスと同じ感覚で着れるので手軽です。デザインも現在的なものが多いので、洋風のバンケットルームでも違和感なく着れるところが魅力です。