カラードレスのデザインバリエーション

ウェディングドレスには、「Aラインウェディングドレス」「プリンセスラインウェディングドレス」「マーメイドラインウェディングドレス」「エンパイアラインウェディングドレス」などのシルエットの種類がありますが、カラードレスも同様のバリエーションがあります。カラードレスでは、デザインに色が加算されるので、オーダーする際のバリエーションは迷うほどあります。

白いウェディングドレスは花嫁しか着れない色なので、式場でも別格ですが、カラードレスはお招きしたお客様とかぶってしまう場合もあります。主役としての輝きを損なわないドレスを選びましょう。ドレスだけでなく、ベールや帽子などのヘアアクセサリーなどで、インパクトを出すことも重要です。

カラードレスの場合、体型にあった色とボリュームはとても大切な要素です。パステル系なのか、メリハリある原色系なのかでも違ってきますし、ロングなのかミニなのか、裾にボリュームがあるのかスリムなのか、チェックポイントも多々あります。

一般的に濃い色や暗い色は引き締まってみえますし、パステルカラーや白っぽい色は膨張色としてふっくら見せることが出来ます。身長によって似合うデザインも異なります。白色は肌の色に近いうえ、反射によって肌色を明るく見せますが、カラードレスは色ごとに見え方が異なります。オーダーする場合は、画像をしっかり比較して、色のイメージを把握して選びましょう。

カラードレスをオーダーする場合は、画像でデサインを決め、色を変えることもできるので、好きなデザインを好きな色で着ることができます。ディテールも変更可能なので、世界であなただけの1枚を手に入れられるのが嬉しいですね。