結婚式のお色直し、カラードレスか和装か?

以前はお色直しというとカラードレスが中心でしたが、最近は和装を選択する方も増えてきましたね。和装を選ぶ方の理由としては、ウェディングドレスからガラッと雰囲気が変えられますし、新鮮に映るという理由の方が多いようです。

ただ、数多くの色やデザインから自分に合った一着が選べるカラードレスも、依然人気です。ここでは、カラードレスの魅力について紹介しましょう。

カラードレスは、様々なカラーやデザインのドレスがありますが、華やかでパーティにぴったりという良さがあります。ウェディングドレスはどちらかというと清楚なイメージですが、カラードレスはウェディングドレスより個性が出やすく、大胆なデザインにも挑戦しやすいのが良いところです。たとえば、深いピンクのドレスにお花のアクセサリーで思いきりロマンティックに仕上げてもOKですし、黒やネイビーなどのシックな色のドレスでスタイリッシュに装うのも素敵です。自分の目指したい方向性に合わせて、ウェディングドレスよりも思い切ったセレクトがしやすいのが、カラードレスの良さといえるでしょう。

また、和装と比較して考えると、お色直しの衣装替えに時間がかからないというのはカラードレスの魅力です。和装の場合、どうしても衣装替えに時間がかかってゲストをお待たせしてしまう時間が増えますが、カラードレスならチェンジが早いので、すぐにゲストの待つ会場に戻れるというメリットがあります。実際にゲストと過ごす時間を重視したいという考えから、カラードレスを選択する花嫁さんも多数いらっしゃるようです。