ウェディングドレスを購入したほうがいい場合とは?

ウェディングドレスを結婚式に用意するために、花嫁さんがとる方法は様々です。オーダーで一から作るか、レンタルで済ませるか、既製品を購入するか・・・などの方法がありますが、自分が着る回数や好みのデザインの有無などによって、最適な方法を選びたいですね。

では一般的に、ウェディングドレスを購入したほうがいい場合とは、どのような場合になるでしょうか。まず、レンタルではなくウェディングドレスを購入した場合、結婚式後もウェディングドレスは手元に残ります。思い出として手元に置いておきたいという方は購入がオススメといえるでしょう。ずっとそのままのドレスで保存しておくという方も多いですが、なかにはベビードレスにつくりかえて子供に着せたり、小さなドレスにつくりかえて部屋に飾ったり・・・とさまざまな残し方をしている方もいらっしゃいます。

また、海外挙式の方は、ドレスをレンタルするといってもレンタルの日数が長くなりますし、帰国後のパーティで再度借りなくてはいけない場合が多いようです。ドレスを購入しておけば何度も着られるため結局お得になるので、そうした理由からウェディングドレスを購入するという方も多いようです。また、二次会や前撮りなど、挙式・披露宴以外でドレスを着る機会が多い方にとっては、購入したほうが何度も着ることができ、手元にも残るので結果的には良いかもしれませんね。ご自身の挙式や披露宴のスケジュール、前撮りや二次会の有無などを総合的に考えて、購入かレンタルかを決めるのがオススメの方法です。